スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BytaFont 2 日本語フルバージョン (iOS8.3-8.4対応)

ようやく先ほどiOS8.3~8.4で変更された日本語フォント(HiraginoKakuGothic.ttc)に対応したBytaFont 2用debが完成しました。

また時間のある時にModMyiへアップデートしようと思いますが、ひとまず先行でコチラに置いておきます。

(かなりファイルサイズが大きいので通信量にご注意ください)



※ただし、全てフォント製作者の膨大な作業および手間と、寛大な利用規約のもとにiOSで利用可能になっているため、以下の項目を厳守していただける方のみご利用下さい。


1. 個人の好みは否定しませんが、決してフォントの誹謗中傷をしないで下さい。

2. iOSでの利用はフォント制作者とは一切関係ありませんので、不具合の問い合わせやクレーム等はしないで下さい。

3. フォント変更はリスクを伴いますので、全て自己責任のもとに利用して下さい。





debファイルの適用方法が分からない方は、こちらの記事が大変分かりやすいので、ぜひ参考にご覧下さい。

シンプルガジェット【裏】
iOS8.3/8.4脱獄済みiPhoneで日本語フォントをサクッと変更する方法!Bytafont2編

続きを読む

スポンサーサイト

iOS7 旧タイプキーボード変更 ~上級編(?)~

前回に引き続きキーボードのカスタマイズ方法を紹介します。

前回をご覧になっていない方はぜひ先にコチラをご一読下さい。

 
簡単!! 日本語フォント キーボード変更 ~中級編~

今回は旧アプリ等で出現するiOS6時のキーボードを前回と同様『ヒラギノ丸ゴシック』へ変更します。

00Keyboard.jpg


※全てにおいて自己責任のもとで行ってください。
※配布の希望にはお応え兼ねますのでご了承下さい。



手順(1) ~フォントとツールの準備~


■デフォルトのキーボードフォント(旧タイプ)
 ・『PhoneKeyCaps.ttf』
 (未検証ですがiPadは『KeycapsPad』と思います。)

 ・保存場所://System/Library/Fonts/Cache/PhoneKeyCaps.ttf

 ・『PhoneKeyCaps.ttf』→『0.PhoneKeyCaps.ttf』へリネームして下さい。
 (デフォルトの上書きを防ぐため)

■適用するフォント
 ・『ヒラギノ丸ゴ ProN W4.otf』
 (入手方法は前回記事をご覧ください)

 ・『ヒラギノ丸ゴ ProN W4.otf』→『HiraMaruW4.otf』へリネームして下さい。
 (FontForgeが落ちやすいため)

■ツール
 ・『fontforge-cygwin_2014_01_04』
 (入手方法は前回記事をご覧ください)



手順(2) ~『丸ゴ』→『デフォ』英数記号を移植する~

■FontForgeを起動して 『HiraMaruW4.otf』 と 『0.PhoneKeyCaps.ttf』 両方を開きます。
03フォントを開く


・「古い編集を修復」が出た場合は「全て破棄」
02古いセッションを開く


■『HiraMaruW4.otf』でCID>Proportionalを選択表示
04Proportionalを選択表示 

■両方のフォントサイズを表示する
 ・エレメント>フォント情報>一般情報

■『HiraMaruW4.otf』のフォントサイズを揃える
 高さ:800→1638,深さ:200→ 410,EMの大きさ:1000→2048
 下線の位置:-100→-105,Height:50→101
05フォントサイズを揃える


■U+0021~U+005Bまでを移植する。
 (U+00A5は「¥(半角円マーク)になっているので注意)
06-1U+0021コピペ


■U+005D~U+007Bまでを移植する。
 (U+00A6は「¦(brokenbar)」になっているので注意)
06-2U+005Dコピペ


■U+007D,U+02DCを移植
06-3コピペ



ここからは「表示>移動>ユニコード入力」の方が見つかりやすいです。

■U+00A5を移植
 (Yen:日本通貨半角円マーク)
06-5U+00A5をコピペ


■U+005Cを移植
 (\←”半角”逆斜線)
06-4U+005Cをコピペ

■U+00A3を移植
 (£←Pound:英国の通貨記号)
06-8U+00A3をコピペ


■U+2022を移植
 (•←Bullet:半角中黒点)
06-7U+2022をコピペ


■U+20AC
 (€←Euro:ユーロ通貨記号)
06-9U+20ACをコピペ




手順(3) ~『丸ゴ』→『デフォ』ひらがなを移植する~
09U+3041へ移動 

■U+3041へ移動
 
 (HiraMaruW4はCIDがKanaになっているはずです)







■フォントサイズを揃える

10フォントサイズを揃える



■U+3041~U+3093の「ひらがな」を移植

11ひらがなをコピペ



手順(4) ~フォントを出力する~
12フォント出力

『0.PhoneKeyCaps.ttf』ウィンドウで

 ・ファイル>フォントを出力

 ・ファイル名変更:
 
.PhoneKeyCaps.ttf → PhoneKeyCaps.ttf 

 ・フォントタイプ:TrueType

 ・ValidateBeforeSaving:オフ



 <オプション>
 ・Postscriptグリフ名:オン
 
 ・他は全部オフ(グレーアウト部は操作不要)

 ・エラーが出ても全部OK



■出力完了したら両方閉じてOK(上書き不要)



手順(5) ~iPhoneへ適用~

■iPhoneのデフォルトへ上書き

・保存場所://System/Library/Fonts/Cache/PhoneKeyCaps.ttf
 ※デフォルトフォントは必ず保存しておいて下さい。
 ※BytaFont2では適用できない模様です。

・上書き後にリスプリング
 (ダメならリブート、Cash削除)

これで旧タイプのキーボードも『ヒラギノ丸ゴ』になります♪



いかがでしたか?無事に出来ましたでしょうか...

これを上手く活用すればフリーフォントなど自由なカスタムフォントへの足がかりになると思います。



ちなみに今回は上級編(?)ともあって詳細説明は省略いたしましたが、ご不明な点がございましたら前回記事をご参照下さるか、コメントへご一報下さい。

け...けして手を抜いたんじゃ無いんだからねっ///


テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

簡単!! 日本語フォント キーボード変更 ~中級編~

今回は『日本語フリック キーボード』を簡単にカスタムしてみましょう♪

01MarugoKB.png 

前回に続き、今回も『ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf』を利用する方法です。
お持ちでない方はコチラを参考にダウロードして下さい。
  
超簡単!! iPhone日本語フォント変更~入門編~

※フォント変更は危険が伴いますので、自己責任に置いて十分にご注意ください。
※配布の希望にはお応え兼ねますのでご了承下さい。


【追記】旧タイプキーボードの反映について一部追記しました。



それでは手順を紹介します。

★手順(1) ~必要なツールを準備する~

 ■『FontForge(フォント編集アプリ)』を用意する
FontForgeについては様々なバージョンがあり動作結果や安定性が異なりますが、
今回は fontforge-cygwin_2014_01_04 を利用します。
公式(?)Webサイトからも探すことができますが、コチラにも置いておきます。

fontforge-cygwin_2014_01_04

ダウンロードしたらスペースや日本語を含まない場所にzipを展開して下さい。
(出来ればC: か D:ドライブ直下が望ましい)

 
■『UniteTTC』を用意する
UniteTTCとは簡単にいうとフォント合成と分解するツールです。
作者Y.Ozさんのページ
「UniteTT」から入手できますが、コチラにも置いておきます。


ダウンロードしたら分かりやすい場所にzipを展開して下さい。
(出来ればFontForgeと同じ階層が望ましい)



★手順(2) ~フォントを用意する~

 ■キーボードに適応させるフォント
  ・今回の例は『ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf』を利用します。

  ・このファイルを『HiraMaruW4.otf』にリネームしておいて下さい。
  (日本語表記だと途中で落ちやすいので)


 ■キーボードのベースになるフォント
  ・iPhoneの下記場所から『Keycaps.tcc』をPCに抜き出します。
   
   保存場所://System/Library/Fonts/Cache/



★手順(3) ~適用フォント『ヒラギノ丸ゴ』を開く~

 ■展開した fontforge-cygwin_2014_01_04 フォルダ内にある
  fontforge.bat をダブルクリックで開いて下さい。

・コマンドプロンプト画面が表示されますが閉じないで下さい。
(初めて起動する場合は止まったかと思うほど遅いので待って下さい)
01コマンドプロンプト


 ■「フォントを開く」が表示されたら適用するフォント『HiraMaruW4』を選択してOK。

02ヒラギノ丸ゴを開く
 

・警告画面が出ますが無視して大丈夫です。

待望の『ヒラギノ丸ゴ』とご対面です!!


 ■開いたら メニュー>CID>Proportionalを選択して表示させておきます。
  (英数フォントが見えると思います)

02-3Proportionalを開く
 



★手順(4) ~ベース『Keycaps.ttc』を開く~


 ■上記を開いたまま ファイル>開く>Keycaps.ttc
  ・「任意のフォントを抜き出します」と表示されるので『.KeycapsLight』を選んで開きます。
04-1KeycapsLightを開く 



★手順(5) ~フォントサイズの調整~


 ■『.KeycapsLight』ウィンドウで エレメント>フォント情報 を表示
・一般情報を表示します。
06一般情報 
 

  ■同様に『HiraMaruW4』ウィンドウでも一般情報を表示して下さい。
  (CIDは Proportional のまま)

 
■『HiraMaruW4』の一般情報を『.KeycapsLight』に合わせてOK
  ・高さ:1638 深さ:410 EMの大きさ:2048 イタリックの傾き:0
  下線の位置:-105 Height:101



★手順(6) ~「英数フォント」の移植~

 
 ■『HiraMaruW4』のユニコード:U+0021からU+02DCを選択してコピー
 (Shift+カーソルで選択できます)
06-1選択してコピー
 

■『.KeycapsLight』ウィンドウのU+0021(先頭)を選択して貼り付け

これで「英数フォント」が移植されました。



★手順(7) ~「ひらがな」の移植~


 ■『HiraMaruW4』ウィンドウで CID> Kana を選択して表示
  ※上記と同様に『HiraMaruW4』の一般情報を『.KeycapsLight』と合わせる

  ひらがな(U+3041からU+3093)を選択してコピー
10ひらがなをコピー

 ■『.KeycapsLight』ウィンドウでユニコード:U+3041を表示します。
 ・表示>移動>U+3041 でOK が早く見つかります。
09-1U+3041へ移動 
 

・U+3041(先頭)を選択して貼り付け
これで「ひらがな」フォントが移植されました。



★手順(8) ~カスタムフォントの出力~


 ■移植完了した『.KeycapsLight』ウィンドウで ファイル>フォント出力

15フォント出力画面 16フォント出力オプション 


 ・名前を「.Keycaps-Light.ttf」→「0.Keycaps-Light.ttf」に変更
 ・タイプ:TrueType
 ・オプションはPostscriptグリフ名のみ:オン
 (グレーアウト部は操作不要です)
 ・Validate Before Saving :オフ
 

 ■上記設定で「生成」を押して出力
  (出力時エラーが出てもOK)


 ■出力が完了したら『.KeycapsLight』を閉じます。
  (フォントが変更されて...と表示されるが上書き不要)



★手順(9) ~合成する残りのフォントを生成~


 ■もう一度『Keycaps.ttc』を開き今度は『.Keycaps-Thin.ttf』を選択します。
18-1Keycaps-Thinを選択 
 ■何もせずそのまま手順(6)と同様に出力します。
 ※名前は「.Keycaps-Thin.ttf」→「1.Keycaps-Thin.ttf」に変更
 
 ■出力完了したら全てのウィンドウを閉じて下さい。
  (上書き不要)



★手順(10) ~カスタムフォントの合成~


 ■作成した「0.Keycaps-Light.ttf」「1.Keycaps-Thin.ttf」
UniteTTCフォルダ移す。
19UniteTTC結合 
 ■「AllUniteTTC.exe」をダブルクリックする。
  ・2つのttfが結合されてFonts.TTCが生成されます。

 ■「Fonts.TTC」→「Keycaps.ttc」へリネームして下さい。


これで『丸ゴ』を移植したフリックキーボードの完成です!!



★手順(11) ~iPhoneへ適用~


 ■方法1:デフォルトフォントへ直接上書きする

保存場所://System/Library/Fonts/Cache/Keycaps.ttc 
 ・上書きしてリスプリングで適用されます。
  (ダメならリブート)

 ・どちらもダメな場合下記のcash削除をしてみて下さい。

保存場所:var/mobile/Library/Caches/com.apple.keyboards/images/

 ■方法2:BytaFont2から適用する

  ・下記の場所へ保存
  //var/mobile/Library/MyFonts2/任意の名前.font/Keycaps.ttc

  ・BytaFont2 の Advanced> Keyboard> 任意の名前 で選択してリスプリング
20Byta適用 



いかがでしたか...?
文字(画像)にすると何だか大変そうに見えますが、実際はさほど難しくないのでぜひ一度試してみて下さい♪


ちなみに最後にアレなんですが、この方法では旧タイプのキーボードを利用しているアプリでは適用されません(^^ゞ
「ひらがな」のみHiraginoKakuGothicW6.ttcが適用されます。

旧タイプの適用方法はまた...そのうち...たぶん...きっと.....





テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

超簡単!! iPhone日本語フォント変更~入門編~

えっと何ヶ月も放置してたのですが、シレ~っと更新します♪




まず始めにお断わりしておきますがフォントにはそれぞれ著作権がありますので、あくまでも自己責任において手順を進めて下さい。また配布の希望にはお応え兼ねますのでご了承ください。



※フォント変更は予想以上に危険が伴い、入れた直後に林檎ループになる可能性もありますので、こちらも自己責任に置いて十分にご注意ください。(ただ殆どの場合、PCで認識しますのでデフォルトのフォントに戻せば復活します)



ちなみにこの作成方法はとても簡単な代わりにフォントウェイト(太さ)は全て一緒になります。ただiPhoneのフォントをそのまま利用するため、クラッシュや文字化けがほぼ皆無だと思います。(クラッシュや文字化けについては、またの機会に...)


さて本題に入ります。

まず始めに適用するフォントを用意します。
今回は「ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf」を利用する方法です。


ヒラギノ丸ゴ 



作成ツールは ttfname3.exe のみですが、残念ながらWindowsが必要となります。
ネット検索すればすぐに入手できますがダウンロード出来るように置いておきます。



Macを利用している方はお持ちかもしれませんが、実はiPhoneから抜き出し可能です。
(すでにヒラギノ丸ゴをダウンロードしている方は手順(2)へ)

手順(1) ~適用するフォントの準備~

・AppStoreからiBooksをインストールして下さい(入れてる場合次へ)

・フォント変更が可能なブックを開く(無ければ無料サンプルで可)

・上のAAマークをタップしてフォント>ヒラギノ丸ゴを選択してダウンロード

iBooksフォントダウンロード 


手順(2) ~ヒラギノ丸ゴをPCへ保存~

・iFunBox等で下記場所にある「ヒラギノ丸ゴシック」をPCへ保存します。
 
 保存場所所:
 //private/var/mobile/Library/Assets/com_apple_MobileAsset_Font/xxxx.asset/AssetData/
 (xxxxの部分は適当?な数字なので、探してみて下さい)
 
 ファイル名:ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf



手順(3) ~デフォルトフォントをPCへ保存~

・iFunBox等で下記場所にあるフォントをPCへ保存します。

 保存場所 ://System/Library/Fonts/Cache/

 ファイル名:HiraginoKakuGothicW1.ttc
       HiraginoKakuGothicW2.ttc
       HiraginoKakuGothicW3.ttc
       HiraginoKakuGothicW6.ttc



手順(4) ~ヒラギノ丸ゴのフォント情報を抜き出す~

・ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf を ttfname3.exe へドラッグして下さい。

 フォント情報:ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.xml が生成されます。

・生成されたヒラギノ丸ゴシック ProN W4.xml コピー複製して合計で4ファイル用意して下さい。

 ファイル名はアルファベットなら何でもOK(日本語名はダメな模様) 
(今回の例では、HiraMaruW1.xml~HiraMaruW6.xml とします)



手順(5) ~デフォルトのフォント情報を抜き出す~

・HiraginoKakuGothicW1.ttc~W6.ttc をそれぞれ ttfname3.exe へドラッグして下さい。

 フォント情報:HiraginoKakuGothicW1~6.xml が4つ生成されます。



手順(6) ~フォント情報の偽装~

・上記で作成した HiraginoKakuGothicW1.xml をメモ帳などのテキストエディタで開いて下さい。
 
 <Name> から </Name> をコピーします(*Font(0)*部分のみ)

 Font情報コピペ  


・次に HiraMaruW1.xml を開きます。

 <Name> から </Name> へ貼り付けて上書き保存して下さい。



・同様に W2,W3,W6 もコピペして保存しておいて下さい。



手順(7) ~カスタムフォントの生成~

・ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf と偽装した HiraMaruW1.xml を ttfname3.exe へドラッグします。


・HiraMaruW1_mod.otf が生成されますのでこれを HiraginoKakuGothicW1.ttc へリネームして下さい。


 たったこれだけでW1ウェイトのカスタムフォントが完成です。



手順(8) ~各ウェイトのカスタムフォント作成~

・手順(6)(7)と同様にW2,W3,W6をそれぞれ偽装したフォント情報と、ヒラギノ丸ゴシック ProN W4.otf を ttfname3.exe へドラッグして生成して下さい。


・HiraginoKakuGothicW2.ttc~W6.ttc へリネームして下さい。


 あっと云う間に全てのウェイトが完成です。
 (まぁそもそも同じフォントなので太さ一緒ですが^^;)


手順(9) ~iPhoneへの適用~

・完成した HiraginoKakuGothicW1.ttc~W6.ttc をiPhoneの下記場所へ上書きします。

  保存場所 ://System/Library/Fonts/Cache/

  ※必ずデフォルトのフォントファイルはPCへ保存しておいて下さい。

・BytaFont2 での適用方法(超絶オススメ)

  こちらのブログがとても参考になりますので、ぜひご覧下さい。






以上で「超簡単!! iPhone日本語フォント変更~入門編~」を終わります。
最後まで御付き合い頂き有り難うございました。
┏○)) アザ━━ス!!!!



※なお今回の記事は下記がとても参考になりました。
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

 
ビギナーズラック日本語フォントを変更してみた1 
 
やっぱり】iPhone フォント1pt【丸ゴ】
 
やっぱり】iPhone フォント2pt【丸ゴ】


続きを読む

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

Crayzy Color Dreams for iPhone5(ver.2)

華麗なる放置から、気付くと1ヶ月以上も経ってました。

この広告うっとぉしい〜なぁ...と思ってたらゴメンナサイ(-_-;)

もぅネタが尽きただけでなく気力も枯渇してましたが、重い腰を上げることにしました。


と云っても、過去のテーマをちょっこし弄っただけなのでサクっと行きますね。


過去記事の
Franck Muller Crayzy Color Dreams White で作成した
iPhone5用のテーマが思いのほか不評(?)で、


「iPhone4/4Sと同じ風味に出来ないの...?」


と、有り難いネタ振りを頂いたので、改変してみました。



 i5bk.png

Crazy Hours For i5 Black


i5wh.png
CrazyHours For i5 White


ウン(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。ウン...やっぱコレだわ感で、気に入りました(笑)


って事でよろしければ、お試し下しぁლ(´ڡ`ლ




※絶賛ネタ募集中です♪



┃ω≡)チラッ…誰かdebにして素敵なトコに上げてくれる人とか居ないかしらん♪

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

AppleTHX

Author:AppleTHX
あっぽ in 鬼ヶ島

FollowMe
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。